top of page

高知へトリップぜよ!

お世話になってます

社長の渡邉です

5月のブログのターンです


ブログネタなんかないかなと

スマホの写真を見返しながら

3月〜4月あたりはいろんなとこ旅したな~

なんて思い返してました


というわけで

今回は高知トリップの話ぜよ


HOFで取り入れているデザインコンクリートのネットワークは全国に職人がいます

そこで仲良くしている高知に在住のSJP新階さんのところ岐阜のペンキ屋さんのリペイン工房の仲間と共に遊びに行きました


私自身初の四国旅行で

龍馬伝ファンとしてはかなりテンションが上がりました


1日目(3月9日)


中部国際空港から土佐龍馬空港まで1時間ほどで到着

車だと5〜6時間かかるようだったので今回は飛行機を選択しました


土佐龍馬空港から高知市街地まで車で30分程で行けます


ホテルはチェックイン

そして繁華街へ


このタイミングで高知の街で『おきゃく』というイベントがおこなわれていました

『おきゃく』とはいわゆる酒を酌み交わす宴会のことで

酒を酌み交わすせば誰でも仲良くなれる的な感じでしょうか

ちなみに高知県お酒の消費量が全国でトップクラスのようです



高知繁華街を散策

街中が巨大な呑み会をしてるって感じ

見渡す限り酔っ払いだらけで

クレイジーな雰囲気でしたね


陽が落ちて暗くなってくると

夜の街並みが明るくなってきます

はりまや橋から帯屋町へ歩きますと

活気のある商店街です

一本裏に入れば怪しげなお店もたくさんあり

地方都市ならではのギュッとしたローカル感も良いですね


結局、1日目は呑んで呑んでで終了


2日目(3月10日)

宿泊したホテルのすぐそばにありました

『はりまや橋』

そう日本3大がっかり観光地のソレです

がしかし

龍馬ファンで私は全然がっかりせず

むしろテンションが爆上がりでした!


仁淀川へGO

(仁淀川とは愛媛県から高知県を流れる一級河川です)


市街地を20分程走ればすぐ田舎道


目的地の手前、沈下橋で寄り道


沈下橋とは洪水時に水面下に沈む橋のことです

なのでご覧のとおり手摺がありません


ここを車で通過するとすごくスリリングです

車で通過したり歩みたりして

オジさんたちでキャッキャッと楽しみました


そして目的地

仁淀ブルーの聖地『にこ淵』

説明はリンク貼っときます



とても綺麗でした


仁淀ブルー


なんともいえない美しさですね

是非体感していただきたい

ただそこに水があるだけなのに

しばらくの間堪能しました


マイナスイオンを浴びまくったあとは


桂浜へGO

そうですあの坂本龍馬の聖地です


全然悪い意味じゃないけど

フツーの砂浜って感じでしたね

この海を龍馬が見てたんだな~

なんて思うと感無量

龍馬と記念撮影


ここで

名物カツオのタタキを食べました

そりゃ、美味しいに決まってます


わずか1泊の小旅行でしたが

高知の黄金コースで大満足です


案内してくれたSJPの新階ちゃんありがとう〜


番外編


市街地の途中

映画館の廃墟を発見

廃墟好きのわたしにとって大好物

歴史を感じる良いスポットでした


以上、高知トリップの話でした

お付き合いありがとうございます

Comentários


bottom of page